8月 30

先日発表されたAmazon Glacierは1GBにつき約1円という価格もあってかなり話題になっています。しかし、現状ではフロントエンドが殆ど無い状態で利用するには自分でコーディングをしなければなりません。もちろんそのうちクライアントソフトが登場してくるものとは思いますが、早速1つ登場しました。

Fastglacierというツールで早々に登場した割に説明を見る限り多機能そうな印象です。私もまだ利用していないので使用感はわかりませんが、どんどんクライアントが開発されればバックアップ用途などにはかなり便利ではないかと思います。それとも今後Dropboxのような形で提供される例が出てくるのか? 現状気になるのはアーカイブIDを自分で保持しておかないとダウンロードや削除ができないことでしょうか。クライアントが管理することにはなると思いますがその情報が飛んだりしたら果たしてどうなるのか?という気もします。

いずれにしてもAWSのことですから機能も追加されていくでしょうし今後が楽しみなサービスです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


written by azuma \\ tags: , ,


Leave a Reply