1月 10

先日からのSkypeの大規模障害のお詫びとしてクレジットが送られてきました。
確か30分分とのことでしたが。

結局クライアントの不具合だった今回の大規模障害。
以前はWIndowsUpdateの際に自動更新のため大量のクライアントが同時に再起動したためにネットワークを維持できなくなったことが1度ありましたが、それ以来の大規模障害だったように思います。
今回は一部クライアントの不具合から連鎖的にシステムがダウンしたようでP2Pの脆さを露呈した形でしょうか。

さて、Skype社から届いたクーポンを入力してみたところ1$分のクーポンでした。日本円表示では80円ほど増加。国内固定電話におおよそ25分通話できるのでまぁこんなものでしょうか。
総額でいくらのクーポンになるのかわかりませんが相当なものでしょうね。

補償金額は別として今回のSkype社の対応はなかなかに迅速だったように思います。
音声通話の復旧のために他の機能を切り捨てたりとよく言えば柔軟に対応したように思います。

ただ国際電話の中でも結構なシェアを占めるサービスがこのような形でダウンしてしまうというのは問題ありですよね。
今回の不具合とかを変に突かれたらシステムを落とせてしまう可能性もありそうですし。
電話は重要なインフラだけにしっかりしていただきたいものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


written by azuma \\ tags:


Leave a Reply