11月 11

以前から上にペンで書いた内容をパソコンに取り込もうというアイテムはいろいろありました。紙に細工して座標を割り出すもの、紙の下にパッドをひくものなどなど。今回は、そんな中からぺんてるのairpen mini を少しだけ触る機会がありましたのでご紹介してみたいと思います。


こちらがairpen miniです。ペンと受信部、データ取り込みソフトが持ち運べるUSBメモリのセットです。USBがないパッケージも発売されています。データの送受信は赤外線と超音波を利用していて両者の伝達速度の違いからペンの位置を割り出します。送信部はペン先付近にあり、グリップとペン先の間の黒く見える部分です。ここを塞いでしまうとアウトです。ペンのリフィルは指定のものが交換できるようです。

さて、この取り込みソフトWindows7まで対応していますがx64を除くと書いています。むむむ・・・とりあえず入れてみるかとインストールを試みるとあっさり成功。取り込み等も問題なくできてしまいました。

使用感ですが、やはり位置のズレが気になりました。また、PCに取り込んでみるまで本当にうまく書けているかが分からないのでクリティカルなことに使うのはちょっと怖いです。確実性で行けば紙をスキャニングしたほうがいいということにはなってしまうでしょう。ペンもいろいろ使えますし。

とはいえそこそこには使えますし持ち運びはしやすそうなのでそういう点では面白いですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加


written by azuma \\ tags: , ,


Leave a Reply