8月 20

Windows7で64bitを使うかどうかというときに一番気になるのがデバイスドライバの対応です。私の家で使っているメインプリンターはブラザー工業のMFC-8820JNというモノクロレーザー複合機です。HPをみると標準ドライバーで対応となっていますので実際にインストールしてみました。

まずはスタートメニューのデバイスとプリンターで、プリンターを追加します。私はMFC-8820JNをネットワークプリンターとして利用しているのでネットワークプリンターを選択。特に問題なくMFC-8820JNが自動的に検出されました。で、肝心のドライバーを選択する画面になります。が、MFC-8820JNはありません・・・。実は標準といってもWindows Updateでの提供なのでそのままでは出てこないのです。

あわてずにWindows Updateボタンを押します。するとプリンターリストを更新開始。どうやら、ブラザーだけでなく全てのプリンターリストを更新している様子でかなり時間がかかります。うーん、他のプリンタは要らないんだがなぁ。改善希望。

で、だいぶ待たされた後新プリンタリストが。再び探してみると、、、ありました「MFC-8820J USB」。ん、USB?? うちのはネットワークプリンターですよ、と探したもののUSBしかなく・・・。仕方ないのでUSBのドライバーをインストール。テストプリントしてみると無事うまく印刷されました。

さて、標準ドライバの問題点なのですが、トナーセーブとセキュリティー印刷はなぜか搭載されているのですが折角の両面印刷ユニットは使えません。(100922訂正:よく見たら使えました。申し訳ありません)6年前の機種だからそろそろかえどきということか・・・。しかもネットワークスキャナードライバーも提供なし。

複合機の意味が薄れていく・・・。時間のあるときにXPモードとかを試してみようかなぁ。とりあえず64bitネイティブでは普通のプリンターとしては使えるという結果でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加


written by azuma \\ tags: , , , ,


One Response to “Brother MFC-8820JNのWindows7 64bit版での利用について”

  1. 1. tinkerbell Says:

    Windows7pro 32bitでの動作報告ですが、Vista用のプリンタドライバーで登録・印刷できました。同じくVista用のスキャナドライバで登録・印刷できました。64bitは未確認です。

Leave a Reply