8月 03

当初1週間から10日ほどでできるという修理でしたが思ったより時間がかかってしまい、2週間以上かかってしまいました。しかも、なかなか引取りに行けずこんな日付になってしまいました。途中代替機の貸出期限が切れるという事態も発生しましたが、「あれは目安なので問題ありません」とのことでずっと代替機を使い倒しておりました。

はてさて、修理の結果は・・・。

修理の報告書によると、修理内容は液晶ディスプレイ交換、基板セット交換、外装(ディスプレイ側のみ交換)とのこと。データ等は全て無事でした。

修理後のK002

クリックして拡大していただくとよく見えると思います。(Lightboxでどーんと開くので注意)
塗装は新品同様に塗りなおしになり、多くの方が報告されているようにフイルムを貼って帰ってきました。
写真では一部分かりにくいですがフイルムのラインが見えると思います。塗装部分より少しだけ小さいです。
性懲りも無くまた普通に使いつづけるつもりですが、どうなるでしょうか。またレポートしたいと思います。

ちなみに、Felicaの移動はなんだかんだで1時間くらいかかりました。途中若い定員さんが分からなくなり上の人に助けを求めたのですが、その内容が「うまく文字入力ができません。変です。」とのこと・・・。おいおいまさかポケベル入力がわからないのかよと思いながらふと思いました。そうか、今の若い世代はポケベルはわからないかもしれない、と。女子高生にポケベルが流行ったのは95年とかそれくらいですものね。当時センティーAとかペルソナとかはやってましたがいまや変換予測候補にも出やしない。これじゃあポケベル入力なんてしらんと言われても仕方ないのか。

データは生きてたので修理に出した時の情報のままで帰ってきました。Felica対応以外はまぁ概ね良かったかなぁという印象でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加


written by azuma \\ tags: , , ,


Leave a Reply