7月 26

K002の代替機としてお借りしたW61Tですが、せっかく別の機種が使えるならいろいろやってみない手はありません。というわけで1週間ほどW61Tを使ってみて気づいたことなどを書きたいと思います。

なお、ここで評価しているのはあくまで代替機として貸与されているものであり、コンディション等がよくわかりませんのでW61T全てにこれが当てはまるかは必ずしもわからない部分もあるということをご了承ください。

まず、遅い。どうもK002と比べて処理が遅い印象があります。世代でいくとK002がKCPでW61TはKCP+という一世代新しいプラットフォームを採用しておりマルチ画面など多機能化が図られています。が、こうもレスポンスが良くないとちょっとなぁという印象です。もともとK002は旧世代とはいえコンパクトにまとまっていてレスポンスもよし、キーもそこそこ打ちやすいという理由で決めているのでW61T位の方が標準なのかもしれませんが。動作が遅くてイラッとすることがしばしばです。

そしてその上アンテナ感度が悪い。K002であれば普通につながったような場所でもEZwebにつながらなかったりワンセグが見れなかったり。サーバーにつながらないというエラーが頻発してかなりイライラしました。

あと気になったのが2タッチ入力の仕様です。いわゆるポケベル打ちなのですが、K002では英字入力は通常通りの入力になります(別に2タッチがよければ漢字モードで打てばいいわけですが)。が、W61Tは全モード2タッチ方式に。お陰さまで英語での2タッチもちょっとできるようになってしまいました。これはどちらがいいというもんではありませんが、携帯を購入するときは気をつけたほうがいいですね。

どうも全体的にレスポンスといい感度といい気になったのですが、これが機種特有なのかKCP+プラットフォームに共通なのか、はたまた代替機ゆえかはなんとも言えません。今度買うときはKCP+な機種になるでしょうからよくよくチェックすることにします。


このエントリーをはてなブックマークに追加


written by azuma \\ tags: , ,


Leave a Reply