12月 25

メインマシンとして使っているThinkpad X60にセカンドディスプレイを付けてデュアルディスプレイ環境を導入しました。

今回、購入したのはBenQのE2220HDです。

いくつかの店舗を見て回ったのですがBenQの液晶は予想外に取り扱いが少ないんですね。大体どこいってもAcerとかSamsungばかりおいてありました。
今回購入したE2220HDは前モデルのE2200HDからコントラストやHDMIを強化したモデル。
21.5インチでフルHD対応です。ちなみにHDMIなどがないG2220HDというモデルもあるのですが

こちらは最低価格が1万5千円を切っているという状況です。フルHD液晶がこんな値段で買えるような時代になってしまうとは。やろうと思えばフルHDでデュアルとかもだいぶ現実的になってきましたね。

ディスプレイの使用感ですが、さすがはフルHD液晶、画面が広いです。
A4のPDFを横に2つ並べてみるなど今まで出来なかった使い方がいろいろ出来ています。
発色も良いし特に文句を言うところもないかなぁという印象です。
この金額で液晶が買えるようになってしまったのでかなりコストパフォーマンスのいいアップグレードの選択肢として入れてよさそうですね。

さらに今回はせっかくなのでモニターアームも併せて導入。
購入したのはLive creator社製のものです。
ばねの力を利用しており、好きな位置に動かして手を放せばその位置で固定されるというなかなかの優れものです。
なんでも医療分野などでも利用されているとか。
LiveCreatorのHP をみてみると実に様々なアームを作られている会社でした。液晶モニタだけでも各パーツいろいろ用意されています。

組み立てはなんとか一人でできました。
アームの可動範囲であれば動かすだけでその場所に固定できるのでなかなかいい感じです。お値段も結構なものではありますが。

こちらも取り扱いが少なく、私が秋葉原で見て回った中ではTSUKUMOのディスプレイ王国とヨドバシカメラでみかけたくらいです。かたやディスプレイ専門店、かたや売り場スペース豊富な量販店でどちらもさすがと行ったところでしょうか。こだわる方はメーカーの直販がいいと思いますが、通販だとECスタイルが比較的いろいろなモデルを取り扱われています。

組み立ては一人で机に取り付けましたが、何とか一人で出来ました。
工具は一応付属していましたが、家にあったレンチなども活用しました。
ちなみにE2220HDはVESA100マウントなのでVESA75に変換プレートをかませる必要があります(付属)。
基本的にパーツは全て出来ていて連結部をつないでいくだけなのでそんなに難しい作業内容ではないです。
ただ、液晶パネルがさすがにそこそこの大きさがあるので丁寧に扱うのが大変だったくらいです。

使用感ですが、動かしたいときにアームを動かすだけで自在に配置が出来るのでかなり気に入っています。まぁそう頻繁に動かしたりはしないのですが・・・。
いいお値段するだけのことはあるなぁという印象です。


このエントリーをはてなブックマークに追加


written by azuma \\ tags: ,


Leave a Reply