10月 25

SSD換装編 最終回は新SSDのベンチマークです。H1PM032G-00は仕様的にはかなり期待できるものでしたが果たしてその結果は。

HP mini 1000 32GB SSDモデルに搭載したHANA Micron 社製 H1PM032G-00 のベンチマークをしました。
検証環境はHP mini 1000 32GB SSD搭載モデルのメモリをUMAX製の2GBモジュールと交換したものです。
換装前はプチフリバスターを適用していましたが、現在は十分な体感速度が出ているためプチフリバスターを無効化しています。

まずはCrystal Disk Markの結果を。

091022hanamicron

つづいてATTO Disk Benchmarkの結果です。

091022hanamicron-atto

かなりいい感じですね。
通販で見る限り現在このSSDはかなり品薄になってしまっているようなのでしばらく手に入れるのが難しいかもしれませんが、性能は素晴らしいです。
これが本当のSSDの性能なのかと感心させられました。ネットブックにさらに万単位で投資するのはコストパフォーマンス的にはどうかということになってしまいますがこの性能アップはその価値があったと思っています。もう換装してからだいぶ使っていますが、いままでの遅さは嘘のように快適なマシンになってくれました。ストレージの足の引っ張り方がすばらしかったようで。古いSSDをお使いの方は換装を検討する価値はあると思いますよ。

さて、4回にわたってお送りしましたSSD換装編いかがでしたでしょうか。
皆様のご参考になりましたら幸いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加


written by azuma \\ tags: , ,


Leave a Reply