9月 08

8月の滞在中にはターミナル駅としても秋葉原を利用したためかなりの回数秋葉原に立ち寄りました。半年振りほどの秋葉原ですがやはりこの街はよくも悪くも変化が激しく、めまぐるしく変化していました。今回はその中で気になった点をまとめてみようと思います。ちょっと古い情報もあるかもしれませんがご容赦ください。

1.電気街口が工事中に
アキハバラデパートやら電気街口周辺で全面的に改修工事が行われていました。特に南側は通路が狭くなり券売機がないなどかなり不便な状況に。

2.秋月電子の向かいのビルが壊されたところが駐車場化
秋月電子の向かいビル群がなくなってしまい何ができるのかなと思っていたのですが、できたのは平地の駐車場。しかも結構大きい。立地は悪くないと思うのですが、ビルを建てようという人はこのご時世、あまりいなかったのでしょうね。

3.味の六花選閉店
ガード下にあった飲食店街が工事のため一斉に閉店していました。

4.Animate新館がオープンして2棟ぶち抜きに
ゲーマーズが隣のビルも使って2棟ぶち抜きの店舗を作っていましたがいつの間にやらアニメイトも奥の部分を使って2棟ぶち抜きになっていました。ただ、新館部分はお客さんは少なめな印象。ついでにとらのあなもリニューアルしてフロア構成を変更していました。この辺はまだまだ元気みたいですね。

5.妹喫茶Nagomiなど複数が中央通に進出していた
メイドカフェなどは出てきた当初は中央通から2本以上入った通りなどかなり奥のほうに多い印象で、中央通には@home cafeがドンキホーテのところにあるくらいと認識していましたが気付いたら中央通にも結構ありました。目に付いたのはNAGOMIとかぴなふぉあなどの有名なお店から新規店ぽいのまでいろいろ。一時期、メイドカフェにとんでもない行列ができていたことがありましたが、今はそこまででもなさそうな印象でした。

6.旧日通本社ビルの工事が完了
長らく工事が続いていましたが今回見てみるとついに新しい建物が完成していました。
建ったのは住友不動産のビルでイベント会場も備えている様子。

7.アソビット閉店
LAOX系列で最近のアキバのトレンドにあったキャラクター・ホビーなどを扱っているAsoBitCity。キャラシティ、ゲームシティ、ホビーシティの3店舗構成でしたが前の2店舗が閉店する予定とのこと。ザコンが閉店してしまって以来、元気がないと感じていたLAOXですが、比較的調子がいいと思っていたアソビットでも店舗整理とは。今後がかなり心配です。

8.AOKIがビルを建設中
ナカウラ本店跡地に建設中のビルに紳士服のAOKIが入居するようです。私が見たときにはAOKIの看板やらが出来てきていました。中央通に紳士服屋ができるようなことになるとは。中央通を歩いていると以前より普通のビジネスマンとか女性、家族などあまり見かけなかった人たちがどんどん増えているような気がします。この出店をみるとやはり間違いなくそういう人たちが増えているのだろうなぁと実感します。

9.パーツ店は全体的に元気がなかった
逆に裏通りにあるパーツ店周囲は歩いている客層はまだまだ電気系の人が多い印象ではありました。ただ、各パーツ店とも品揃えも無難でいまいち面白みを感じなくなってしまった気がします。前からこの傾向はありましたがかなり活気がなくなってきていると思います。

かつての元気な電気街から、萌の街として知られるようになり、ヨドバシもオープンして一般の客層が増えていき、コアな人たちが集まっていた秋葉原は急速に変わりつつあります。以前の秋葉原を知っている人からは今の秋葉原は変わってしまった・つまらないという話をよく耳にします。時代の変化に合わせて変化してきた秋葉原ですが今後どんな方向に向かっていくのでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加


written by azuma \\ tags:


Leave a Reply