7月 29

クライアントから自宅で使うのに設置面積の少ないモノクロA4レーザープリンターが欲しいとのご要望があったので探してみました。

で、見つけたのがこちら。

沖データのb2200nという機種です。
モノクロ20枚/分で有線LANまで搭載、設置部分の面積は321×204×181mmととてもコンパクトです。A4の用紙サイズが294×210mmなのでほとんどA4サイズといっていいのではないでしょうか。デスクサイドに置けるサイズです。ついでに、手差しにも対応しています。
値段のほうはざっと調べたところ1万円台前半~2万5千円台くらいまで幅広く。いずれにしてもかなり安い部類に入ります。以前は家庭でモノクロといえどレーザープリンターなどまず高嶺の花でしたが、最近は下手なインクジェットプリンターよりやすくなってしまいましたね。カラーレーザーも5万円台くらいになって手が出るようになってきましたし。スピードも速く普通紙に綺麗にプリントできるのでお仕事などにはレーザープリンターはお勧めです。

written by azuma \\ tags:

7月 26

長らくauのW22SAを使っていましたが今回、さすがに電池のもちが相当に悪くなってきたため機種変更をしました。

続きを読む »

written by azuma \\ tags: , ,

7月 23

先日よりご紹介していたSSDのプチフリーズ対策ソフトであるpetit freeze buster の単体販売がスタートしました。お値段は2980円です。vectorの取り扱いでこちらで販売されてます。いつのまにやらプチフリバスターという名前までつけられていました。

今までゆっくりベンチマークをとってなかったのでこの機会にとってみました。利用したのは最終のβ版なのでほぼ製品版です。使用機材はいつもどおりHP mini 1000です(メモリーは2GBに増設済み)。

続きを読む »

written by azuma \\ tags: , , , ,

7月 21

いよいよ Petit freeze buster の製品版が発売になりました。
以前、PFBを導入したときに記事を書きましたが今回はその後の使用感を。

続きを読む »

written by azuma \\ tags: , , , ,

7月 15

先日ご紹介したOffice 2009 Personalの2年間ライセンス版でトラブルが起こって相談を受けたのでその事例をご紹介しようと思います。

マシンはAsusのEeePC1000HEのOffice2年間ライセンス版付属モデルです。1ヶ月ほど前に購入しずっと使っていたそうですが急に使えなくなったとのこと。通常ならアクティベーションしてないのだろうということでアクティベーションをして終了です。実際、このような事例も多く持ち込まれます。皆さん結構ライセンス認証画面を無視して使い続けておられるようで・・・。

さて、これで終わったら何の問題もありません。
今回はライセンス認証がされていなかったのでネットでのライセンス認証を試みたところプログレスバーが25%くらい進むと認証のウインドウが閉じてしまいます。完了の画面も出ないで消えてしまうため確認してみるとやはりライセンス認証は出来ていませんでした。

普通であればこのような状況になっても電話でのアクティベーションという手段が残されています。電話とネットでは手法が全く異なるのでネットでこのような問題が発生しても電話で認証できれば通常はOKです。私も最初はそう考えていました。

しかし、なんとこの2年間ライセンス版というやつは電話でのライセンス認証が不可とのこと。つまり、何が何でもネットで認証するしかないということです。ライセンスの移行もできないので確かに電話やオペレーターは不要なのか・・・。

できれば再インストールなどなしで済ませたかったのでまずはASUSのサポートへ電話。一発でMSのライセンス窓口に回される。というわけで、Microsoftのライセンス認証に電話してオペレーターの方に聞いてみました。が、まず2年間ライセンス版をご存知ないご様子。で、状況を話してみたところまずISPに問い合わせてくださいとのこと。もしかしたらプロバイダーのせいで認証が上手くできていないかも知れないと。完全には否定できませんが通常そんなことはあり得ないでしょうと言ったところ一般のテクニカルサポートにまわされてしまいました。電話で認証できないものはライセンス認証担当でもどうしようもないらしい。あまりそのような資料もないとのことでした。

続いて、Microsoftテクニカルサポート。まずは受付担当が出て専門担当に切り分けるシステムでした。また、専用の問い合わせ番号を付与して、番号と名前と用件を言えば電話を一度切っても取り次いでくれるとのこと。なかなかきちんとした対応です。Officeの専門担当が出るまで10分弱またされはしたもののライセンス担当の方よりはまともに話ができそうでした。そこで、一度ライセンスファイルを削除することになり実施してみるも状況は変わらず。結局Officeを再インストールしましょうということになり、機材の用意のため電話は一旦終了。

Officeのアンインストール→インストールを試みましたがやはり状況は不変。仕方ないので、次はOfficeをアンインストールした後に、残骸として残っているライセンスファイルや設定ファイル・レジストリの類も見つけたものを根こそぎ削除。再度インストールを試みました。しかし、やはり状況はかわらず、試しにOfficeをUpdateしてみるかなぁと思いつつMicrosoft Updateのコンポーネントをインストールしつつ、試しにExcelを起動して、みました。ちなみに、今までの各段階でExcelで認証しても同様の事象が発生することは確認済みでした。どうせアクティベーション部分は共用でしょうし。ところが、なぜかこのExcelで認証が成功してしまいました。もちろんこれでWordの方もOK。

Microsoft Updateのコンポーネントを入れたのが効いたのか、完全にたまたまなのか。原因がいまいち腑に落ちないまま解決してしまいました。アップデートして駄目ならマシンごとの再セットアップも視野に入れなければならない状況だったので解決したのはよかったのですが・・・。

通常は電話で認証すればいいやで終わりそうな問題でしたが、2年間ライセンス版というだけでここまでややこしくなってしまいました。要注意ですね。

written by azuma \\ tags: , , ,

7月 13

プチフリーズ等のために何かとレスポンスが悪いように感じているHP mini 1000 32GBですが、今回対策としてPetit Freeze Buster(以下、PFB)なるソフトを試してみました。 続きを読む »

written by azuma \\ tags: , , , , , ,

7月 12

パソコンを買うときによく問題になるのがOfficeの有無です。
Officeが付属していないと、パッケージを買うことになりかなり割高になってしまいます。また、たとえOfficeが付属していたとしてもたいていはOffice PersonalでありPowerpointは付属しておらず、Powerpointだけ追加で買わなければならないということも多いです。
ネットブックの分野では当初、低価格のためOfficeソフトはどのメーカーも付属させていませんでした。しかし、多くの一般ユーザーがネットブックを使うようになったためOffice付属モデルが出るようになり、ついにはこのような2年間限定ライセンスが登場しました。

このライセンスはプリインストール専用でOffice 2007 Personalのソフト(Word, Excel, Outlook)が使えます。使用は2年間限定で期限が切れたらビューアーとしての機能くらいしか使えなくなってしまいます。使用期間の延長などはできません。それ以上使う場合にはOffice 2007 Personalの通常版orアップグレード版を購入する必要があります。Professionalなどにするにはアップグレードでは駄目で通常パッケージが必要なようです。また、プリインストール専用なのでライセンスの移管はできないそうです。

ネットブックと割り切って入れる分にはいいかもしれませんね。

2009.9.6追記
2年間限定ライセンスを永続ライセンスにアップグレードするパッケージの発売が決まりました。こちらの記事でご紹介しています。

written by azuma \\ tags:

7月 08

とある印刷原稿を作るためにIllustratorを使っていたのですがそこで思わぬバグに遭遇しました。冊子の表紙を作成していたのですが薄い冊子なので背幅は1.5mmしかとりませんでした。その状態で、いつもどおり原稿を作成していたのですが、ふとみると背幅の中央がセンタートンボからずれてしまっています。これはまずいということで慌てて全部のサイズを見直して配置しなおしたのですがやっぱりずれてしまいます。

はて、ということで調べてみるとなんとIllustrator CS2の初期バージョンには致命的なバグがあることが判明しました。センタートンボの位置がずれてしまうというものです。これはAdobeも認めていてアップデートにより修正されたとのこと。しばらく自分でトンボから引くことがなかったので全く気付きませんでした。

印刷業界の標準ソフトであるIllustratorであってもこんなバグが起こりうるんですね。こんなこともありますのでアプリケーションもきちんとアップデート等をチェックしましょう。

written by azuma \\ tags: , ,

7月 04

先日、HP mini 1000に附属のバックアップソフトとしてRoxioのBack on Trackについて書きましたが、よくよくみたら全体のバックアップ以外にも機能がありました。

Instant restore という機能で標準では週に1回システムの状態をバックアップするようになっていました。基本的にはシステムの復元と同じようにシステム系のファイルだけをバックアップし、復元してもユーザーデータは影響を受けないようになっているようです。初期状態でシステムの復元がオフになっていたのでちょっと違和感を感じてはいましたがどうやらこの機能があるために最初から切っていたようです。ただ、週に1度動き出すので負荷には注意しないといけませんね。ちなみに私のマシンでは3回分のデータで197MB使用とのこと。

また、このInstant Restore、復元処理がセーフモードでは開始できなかったです。これはちょっとバックアップソフトとしては痛すぎる気がします。

他には先日ご紹介したドライブ全体のイメージを保存する機能とリストア機能、保存したイメージから一部のファイルだけリストアする機能がありました。

個別のファイルやフォルダ単位でバックアップをする機能はないようです。その部分が必要であればRoxioのEasy Media Creator(現在のRoxio Creator)にアップグレーしてくれとのこと。単体発売はしてないようです。基本的なライティング機能はOSに搭載されてる上にフリーのライティングソフトまで登場してきていますので市販のライティングソフトはこういうところでも頑張っているんですね。前はどのパソコンにもバンドルされてたのになぁ。

written by azuma \\ tags: , , ,

7月 02

ちょっとずついじりながら使っているHP mini 1000ですが、熱暴走を起こしてしまいました。

続きを読む »

written by azuma \\ tags: , , ,